研究

研究紹介

左のリストをクリックすると、各研究グループのプロファイルをご覧になれます

新潟大学物理学科では素粒子、原子核、またそれらからなる多様で豊かな物質の世界、そして壮大な宇宙までを対象にして教育研究がすすめられています。また、身の回りにある物質の性質構造の探求にとどまらず、新奇物質の創成も真剣に研究されはじめています。これらの研究は国際的にも高く評価されており、世界トップレベルに位置しています。実際、2005年10月首相官邸で行われた総合科学技術会議の資料によると、ISIによる国際ジャーナルにおけるここ数年の新潟大学の物理関連の研究の引用度は2.5で、旧帝大に代表される大きな大学を押さえて全国トップの値を叩き出しています。これは、新潟大学に置ける個性的な研究とその質の高さを表すものです。具体的な新潟大物理学科の特色は以下のようになっています。

  • 素粒子物理学は近年日本人の活躍が目ざましい分野であり、2002年度に「ニュートリノ天文学」、2008年度には「対称性の破れ」の研究に対して日本人科学者にノーベル物理学賞が与えられました。これらの研究に関して、新潟大学高エネルギー実験グループはカミオカンデおよびBelle実験にその黎明期から参加し、大きな寄与を果たしています。これまで多数の院生が実験に加わり、ノーベル賞級の研究を支えました。現在も引き続き、次世代Bファクトリー実験であるBelle II実験などに参加し、現代物理学の謎の解明に最前線で取り組んでいます。
  • 理論研究では、宇宙における物質の起源と成り立ちを解明する上で鍵となっている、エキゾチック原子核の有限量子系の計算物理、一般相対論的天体や重力波の大規模シミュレーション、格子ゲージ理論によるシミュレーション、ニュートリノ振動、宇宙ニュートリノに関する数値計算、ハドロンの高エネルギー反応、星内部や超新星など、物質起源に関する計算物理学的研究が新潟大物理の特徴です。これらの研究ははそれぞれ世界的注目を浴びており、今後の研究の発展が期待されています。
  • 原子核実験では、低温核偏極実験に優れた成果が生まれており、世界におけるユニークな実験拠点の形成が進められている。ヘリウム液化機の更新も決まり、さらなる展開が期待されています。また、理化学研究所における次世代重イオン加速器のプロジェクトにも重要な貢献をしています。
  • 物性実験では、すでに超音波計測が強相関電子系の世界第一級の研究拠点であり、ギガヘルツ高周波、高圧など極限超音波計測へ発展しています。また、ヘリウム液化器も更新され、様々な実験設備の整備も大幅に進みました。個性的な研究施設に加え、スタンダードな実験環境としても全国レベルです。近年の目覚しい結果としては、超音波計測を用いて明らかになったラットリングと呼ばれる固体中原子の局所振動の効果があります。これは新潟大発の新しいキーワードとなりつつあります。また、Pr247化合物という新奇超伝導物質も新潟大学で発見され、そのメカニズムの解明へ向けて注目が高まっています。さらに、長年の液体金属の研究は共有性結合液体の新奇相転移の探索とその出現機構の微視的解明に発展しつつあり期待されています。
  • 物性理論研究においては、近年次々と創製される新物質に対応すべく、精度の高い物性予測と、そのための計算手法の開発に重点をおいてきました。 特に、相対論的バンド計算による電子構造などの特筆すべき成果は新潟大の特徴であり、仁科記念賞の対象にもなりました。最近では、強相関電子系における 計算物理学にも力を入れており、物性実験グループとの連携も重視しています。実験グループにより発見されたラットリングや新奇超伝導物のメカニズム解明では、大学院生が中心になって注目される結果を生み出しています。また、燃料電池などに用いられている超イオン導電体のように応用面につながる研究や、最近流行の統計力学の手法を経済現象などの新しい対象に応用する試みも始まっています。

大学の規模自体では旧帝大などにはかないませんが、独創的で手作り感のあふれた研究により世界の最先端を切り開いてみたいという自然科学本来の面白さを引き出すために、新潟大学理学部物理学科は最も適した場所であるといえるでしょう。

ページの先頭に戻る

グループ メンバー KeyWords
素粒子論 中野 博章 超対称統一理論、超対称弦理論、素粒子の世代対称性
淺賀 岳彦 大統一理論、暗黒物質、宇宙物質創成、インレーション宇宙
江尻 信司 格子ゲージ理論
原子核理論 小池 裕司 量子色力学、高エネルギーハドロン反応
松尾 正之 有限温度原子核、原子核の形状転移と大振幅集団運動
吉田 賢市 原子核密度汎関数理論、エキゾチック原子核の集団運動
宇宙物理学 大原 謙一 数値相対論、連星中性子星と重力波
西 亮一 宇宙初期の構造形成、銀河形成・進化
渡辺 一也 一般相対論的宇宙モデル、重力レンズ効果
原子核実験 大坪 隆 重イオン核反応と不安定核の構造、低温偏極核
武智 麻耶 原子核反応実験による不安定核核構造、核物質研究
高エネルギー 宮田 等 電子・陽電子衝突、Bファクトリー、半導体放射線検出装置
早坂 圭司 高エネルギー素粒子実験、Bファクトリー実験、レプトンの物理、素粒子実験のためのコンピューティング
遊佐 洋右 Belle/Belle II実験、CP対称性の破れ、新型素粒子検出器開発
物性理論
大野 義章 強相関電子系、動的平均場理論、超伝導、重い電子系
吉森 明 化学物理、液体、溶液、非平衡現象
奥西 巧一 統計物理、量子スピン系、密度行列、くりこみ群
物性実験
山田 裕 高温超伝導、高圧物性、物質創生
摂待 力生 重い電子系の磁性と超伝導、単結晶育成、高圧・高磁場・極低温実験
根本 祐一 超音波量子計測、軌道・電荷自由度系の四重極子物理
石川 文洋 遍歴電子磁性、多重極限環境物性
廣瀬 雄介
赤津 光洋 超音波物性、強磁場・極低温実験、強相関電子系、多極子・低次元スピン系・超伝導
大村 彩子(研究推進機構) 圧力誘起物性、圧力セルの開発
  • 宗 博人先生は2006年10月1日付で愛媛大学理学部に転出されました。
  • 小林 迪助先生は2008年3月に定年退職されました。
  • 金子 恒雄先生は2008年3月に定年退職されました。
  • 木山 喜隆先生は2008年3月に定年退職されました。
  • 大矢 進先生は2009年3月に定年退職されました。
  • 田村 詔生先生は2009年3月に定年退職されました。
  • 鈴木 宜之先生は2010年3月に定年退職されました。
  • 土屋 良海先生は2012年3月に定年退職されました。
  • 家富 洋先生は2012年4月1日付で東京大学経済学部に転出されました...が、2013年5月1日付けで新潟大学理学部数学科に戻って来ました。
  • 後藤 輝孝先生は2013年3月に定年退職されました。
  • 谷本 盛光先生は2014年3月に定年退職されました。
  • 川崎 健夫先生は2015年4月1日付で北里大学理学部に転出されました。
  • 柳瀬 陽一先生は2015年4月1日付で京都大学理学部に転出されました。
  • 金 鋼先生は2016年4月1日付で大阪大学大学院基礎工学研究科に転出されました。
  • 中山 敦子先生は2016年4月1日付で岩手大学理工学部部に転出されました。