進学案内

新潟大学の物理学プログラムで学ぶ

このページには、新潟大学の物理学プログラムへの入学を考えている高校生、高等専門学校や他の学部や大学を卒業して物理学プログラムへの編入学を考えている皆さん、そして大学院自然科学研究科へ進学して物理学を専攻したいと考えている大学生、社会人のための情報が集められています。

物理学プログラムで学ぼう

物理学は、物質を構成している最もミクロな粒子(素粒子や原子核)の性質、原子や分子の集団である液体や固体の性質、宇宙の起源や構造までの自然の各階層を対象として、それらを貫く原理を解明する自然科学の一分野です。物理学プログラムでは、将来物理学の研究をしようと考えている学生諸君だけでなく、物理学の方法、考え方を身に付けて、社会で幅広く活躍することを目指している学生諸君を歓迎します。また、物理学プログラムでは中学理科および高校理科の教職免許を取得することができます。

新潟大学理学部理学科に入学するには、一般選抜(前期・後期日程)、推薦入試、帰国子女入試、および、私費外国人留学生入試の制度があります。合格者は理学科に入学し、基礎的な教育を受けた後、2年生の後半に各主専攻プログラムに配属されます。また、物理学プログラムの3年次に直接編入する、3年次編入制度もあります。理学科の全体概要は、こちらをご覧下さい。

一般入試

一般入試の募集は理学科単位でおこなっておりますので、詳しい情報は理学部の案内をご覧ください。

推薦入試

主に、高校卒業見込で、当該学校校長が特に成績が優れていると推薦する者を対象にして推薦入試を行います。合格者は理学部理学科へ入学し、2年生の後半に物理学プログラムへ配属される制度です。詳しい要件等は理学部の募集要項を御覧下さい。

推薦入試の過去の問題は理学部学務係(025-262-6106、E-mail:gakumu@ad.sc.niigata-u.ac.jp)に請求することでも送付してもらえます。

3年次編入学制度

主として、高等専門学校、短期大学、大学の2年生や卒業生、などを対象にして編入試験を行い、合格者が物理学プログラム3年次へ直接編入する制度です。3年次編入の詳しい要件等は理学部の募集要項を御覧下さい。

物理学プログラム卒業生の就職・進学状況

物理学それ自身は直ちに産業応用に結びつくとは限りませんが、様々な産業技術の基礎を作っているのは物理学の原理です。そのため、多くの産業技術開発の基礎として物理学の考え方は非常に大事です。また、一般的には文系学部の職種であると考えられている分野でも、物理学プログラム卒業生の論理的思考能力と課題解決能力が求められる場合も多々あります。したがって物理学プログラムに様々な業種から求人が来ます。

また、毎年半数以上の人が大学院自然科学研究科博士前期課程に進学して、より専門的なことを学んでいます。博士前期課程を修了者にも多くの求人があります。中には博士後期課程へ進学して、研究者の道をめざす人もいます。物理学プログラム卒業者には多くの選択肢が用意されているといえるでしょう。

参考ページ

大学院で研究するには

新潟大学には大学院自然科学研究科があり、博士前期(修士)課程および博士後期(博士)課程が設置されています。専門分野についての高度な研究や教育を行っています。新潟大学の物理学プログラムの卒業生の多くが進学するほか、他の大学からの進学者もいます。自然科学研究科の博士前期課程には5専攻がありますが、物理系の研究室は数理物質科学専攻に属しています。さらに、数理物質科学専攻は3つのコースから成り立っていますが、そのうち物理コースに物理系の研究室が所属しています。また、博士課程には理化学研究所との連携講座も開設されています。下の表を参考にして自分の興味のある研究グループにコンタクトを取って下さい。

物理系の研究グループの所属
専攻名 コース名 所属グループ(教員名)
数理物質科学専攻 物理学コース 素粒子理論(中野・淺賀・江尻)
高エネルギー(宮田・早坂・遊佐)
原子核理論(小池・松尾・関澤)
原子核実験(大坪・武智)
宇宙物理学(大原・西・渡辺)
物性実験(摂待・根本・石川・大村・広瀬・赤津)
物性理論(大野・吉森・奥西)
重粒子物質科学(連携講座) 理化学研究所[連携講座](松崎・中務・森田)[併任]

他大学より新潟大学大学院へ進学希望の方は、遠慮なく希望研究室の教員に連絡をとって下さい。

博士前期課程
大学院入試についての詳しい情報は、自然科学研究科大学院入試のページをご覧ください。

物理系の研究グループの試験科目は、専門科目[物理学]です。

なお、平成23年度大学院博士前期課程入試より、TOEICまたはTOEFLの成績証明をもって外国語[英語]の筆記試験の代わりとすることとなりました。受験につきましてはTOEIC、TOEFUの成績証明が必要となります。詳しくは、募集要項を御覧下さい。

院試の過去問は自然科学研究科大学院入試のページにあります

また、学生募集要項と出願書類の請求については、大学院自然科学研究科学務係へ直接、または電話[TEL. 025(262)7387]で問い合わせ下さい。

博士後期課程
博士後期課程に入学希望の方は、自然科学研究科大学院入試のページをご確認のうえ、希望する教員に直接コンタクトをとるようお願いします

 

参考リンク

新潟大学大学院自然科学研究科